お問い合わせ
---

よくある質問

階避難安全検証法と全館避難安全検証法の違い

全館避難安全検証法とは、単純に、各階に階避難安全検証法を適用することですか。
階避難安全検証法と全館避難安全検証法では検証範囲が異なります。階避難安全検証法は特定の階のみ検証を行いますが、全館避難安全検証法は、その上でさらに、全館避難完了時間が全館煙降下時間を下回ることを確認する必要があります。全館避難完了時間とは、建物の中にいる全ての人が建物の外に避難するのに要する時間、全館煙降下時間とは、建物全体の中で火災の発生する恐れのある全ての室で発生した火災による煙やガスが竪穴(階段・吹抜・DS等)に流入するまでの時間です。
また、階避難安全検証法では、避難施設、排煙設備、内装制限などに関する一部の規定を除外することができますが、全館避難安全検証法では、上記に加え、防火区画などに関する一部の規定を除外することができるため、より多様な計画が可能になります。ただし、全館避難安全検証法の方が検証内容が厳しいため、階避難安全検証法に比べ、より多くの対策が必要になります。

前のページへ戻る

キーワード検索

※【 A AND B 】AとBが含まれる検索 【 A OR B 】AまたはBが含まれる検索

良く検索されるキーワード一覧