真の防災設計に
数字合わせは不要

避難安全検証法(ルート B)は、依頼主からの『階段を減らしたい』『排煙を止めたい』などの要望に対し採用を検討されることでしょう。
その多くはとりあえず仕様設計(ルート A)で設計を進めてからコンサルタント業者に相談し『この扉を防火設備に』『天井高さは○○以上に』といった、告示に計算結果を合致させただけの助言に従って計画を進めているのが現状です。
防災設計の理念に則れば設計そのものを大幅に見直す必要が生じるはずです。
こんな数字合わせの手直しは、真の防災設計ではあり得ません。

避難安全検証法を
正しく使うツール

本サイトでは、設計者のみなさんに正しい避難安全検証法の使い方を理解していただくための情報発信に努めます。
設計者のみなさんには、コンサルタント業者任せにせず、正しい知識に基づき本質を見極めるスキルを身に着けていただきたいと願っています。
そして、設計者のみなさんが、本来の責務である、将来の社会資本となる建物の創造に貢献されるための一助になれば幸いです。

避難安全検証設計ツール
「SEDシステム」について

movie-thumbnail